このたびの地震によって、「サ高住・プラムロード益城」は4月14日の前震による建物内部損傷の為に、翌・15日午前中から「はーとまっぷ桜木・ディサービスセンター」に入居者全員(30名)が移動し、約4ケ月間・避難生活を送ってきました。

その施設の補修工事が、8月10日に完成しました事をご報告いたします。先ず、暑い中を工事に携わって頂いた関係者の皆様に御礼申し上げます。